シングルターミナルコネクタ

DEUTSCHシングルターミナルコネクタの手順説明ビデオ。

DTHD シリーズ

コンタクトの挿入

  1. リアグロメットを手前に向けてコネクタを持つ。
  2. クリック音が聞こえるか、手ごたえを感じるまで、コンタクトをキャビティの中に真っ直ぐ 押し込む。軽く引いてコンタクトが適切に挿入されていることを確認する。

コンタクトの取り外し

  1. リアグロメットを手前に向けてコネクタを持つ。
  2. 電線をプラスチック製の抜き冶具の中にはめ込む。プラスチック製の冶具は適切なサイズの ものを使用する。
  3. コンタクトロッキングフィンガで先端が止まった感触がするまで、治具を電線に沿わせなが ら挿入孔の中に押し入れる。注:このとき治具を強く捩じったり曲げたりしないで下さい。
  4. 先端が止まった感触がした時点でコネクタ側のコンタクトフィンガが解除されるので、 治具と一緒に持って静かに抜き取る。

DTSK シリーズ

コンタクトの挿入

  1. まず、電線の被覆を取り除く。
  2. 環境防水性能を維持するには、電線シールグロメットが必要となる。 電線シールを電線の被覆の所定位置にスライドさせる。
  3. Ø8mmのコンタクトを圧着するには、NFC 20.130規格に準拠した六角形の圧着工具を使用す る。詳細な仕様については、DEUTSCHの図8925-003-0000を参照。
  4. DT-RT1抜き治具を使用して、一体型TPA二次ロックを取り外す。
  5. 電線シールを適切な位置に保持しながら、クリック音が聞こえるか、手ごたえを感じるま で、コンタクトをコネクタ後部の中に真っ直ぐ押し込む。
  6. TPAを戻してから押して閉じる。

コンタクトの取り外し

  1. まず、DT-RT1抜き治具を使用して、一体型TPAを取り外す。
  2. コンタクトのショルダを押し下げロッキング・フィンガを解放しながら、同時に電線をコネ クタ後部からそっと引く。

Jiffy Splice

コンタクトの挿入

  1. キャビティの約12.7 mm(0.5インチ)後ろで親指と人さし指と使ってJiffy Spliceを持つ。
  2. クリック音が聞こえるか、手ごたえを感じるまで、コンタクトをJiffy Splice の中に真っ直ぐ 押し込む。軽く引いてコンタクトが所定位置にロックされていることを確認する。
  3. Jiffy Spliceの反対側に対しても同じ作業を繰り返す。

コンタクトの取り外し

  1. 電線をプラスチック製の抜き冶具の中にはめ込む。プラスチック製の冶具は適切なサイ ズのものを使用する。
  2. コンタクトロッキングフィンガで先端が止まった感触がするまで、抜き治具を電線に 沿わせながらJiffy Spliceの中に押し入れる。注:このとき治具を強く捩じったり曲げた りしないで下さい。
  3. 先端が止まった感触がした時点でJiffy Splice 側のコンタクトフィンガが解除されるので、 治具と一緒に持って静かに抜き取る。

インタラクティブ製品検索

インタラクティブ型製品ファインダーは、お客様の設計要件を満たすコネクタオプションを表示するようにデザインされています。

お問合せ?

LADD Distributionでは、お客様の期待を上回るよう努力しています。お探しの情報が見つからない場合は、お気軽に当社までお問い合せください。

お問合せ